育休からの復帰/Happy back to Work | 人材の価値を高め、強い組織作りをお手伝いする会社。コンサルティング、研修サービスの提供。神奈川県横浜市。

企業情報 コンサルティング 法人向け研修 個人向けサービス コラム お問い合わせ

育休からの復帰/Happy back to Work

文字サイズ変更

ダイバーシティ関連の記事について、ニュースクリッピング形式で取り上げています。

今回のテーマは、ピンポイントに「育休からの復帰」です。

まもなく4月ですね。
4月は新入社員と共に育休社員がまとめて復帰してくる時期でもあります。

そんな時期でもある3月初旬に、

”Happy back to Work”
みんなで考えよう、働きかたのこれからを
女性が働きやすい職場になれば、みんなの働きかたもきっと変わる

というコンセプトで共創コミュニティが立ち上がったのはご存知でしょうか。

https://www.womenwill.com/japan/

単なる情報発信だけでなく、はたらく人たちがアイデアを投稿し
実際に企業等がそのアイデアを実践する、
という事を支援するプロジェクトの様です。

アイデアは、「誰が実践できるか」という項目があり、その中には、
「上司・同僚」や「会社・人事」などもあり、
企業が採用し実践できるものも多くあります。

眺めてみるだけでも、ママパパ社員のリアルな状況が見えてくるため
面白いですよ。

今日時点で人気が高いアイデアはこの2つ。
・「長時間働いたらえらい」そんな空気やめませんか
・男性には2週間の育休より1年間の定時上がりを
特に2つ目は、具体的なHowなので考える余地が生まれます。


プロジェクトの仕掛け人は、やはりというかのGoogleです。
但し、単なる在宅勤務用のテクノロジーとしてGoogleを使ってもらうための
プロモーションにとどまっていないように感じます。
自社のビジネス拡大とCSRが相乗効果で期待できる取り組みでしょうね。

話はズレますが、社会に対し「私たちはこう考える」というスタンスを
明確に取り、ムーブメントを作るというのが
これからの企業CSRの主流になってくるかもしれませんね。


…そして、
国や企業中枢部のトップダウンを待っていては時間がかかりすぎる
(しかも、痒いところには手が届かない事が多い)
私達で働き方をを変えていこうよ、というのは
とても現代的な取り組みに思います。

関連するキーワード
女性活躍推進、ダイバーシティ、ライフワークバランス、育休からの復帰、Happy back to Work、
トラックバック

この記事にトラックバックするためのURL

http://www.creative-class.net/mt/mt-tb.cgi/67

この記事にいただいたトラックバック